カードローンの審査に通らないのはなぜか

カードローンの審査に落とされたときには、いくつかの条件に該当しないのか確認してみましょう。信用情報の履歴に関わる事ですが、事故情報がないか確認しましょう。

他社からの借り入れや延滞状況、完済情報などによって落ちる場合があります。また、事故履歴で情報によって信用情報が保管される期間が異なります。利用中のローンなどがある場合には、完済後も5年は保管されています。

借金以外でも携帯電話端末本体の支払を分割払いにしている方は意外と多いと思います。実はこれもローンと同様の扱いになります。

自覚していない方も多いのですが、支払の遅延、延滞があると信用情報に記録されます。審査に通過するために保証人を求められるケースも稀にあります。

審査通過のために少し不足している状況の場合です。契約者本人だけでは不安がある場合などに要求されます。主婦や学生などのローンに多く見られます。

また、利用額が高額となる場合にも求められるので審査の際には保証人となる方へも配慮しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>